Studio Italiano

山の家の外観

最近、忙しくて山の家に行くことが出来なくなってしまいました。
忙しいとは素晴らしいことですが、半月以上行けないとすこし寂しいものです。

以前は温泉に行く事が多かったのですが、山の家を購入してからは
料理旅館以外に興味がなくなってしまいました。(料理の勉強に)
山に住むというのは思いの外苦労が多くて、その苦労がとても楽しく
自然相手の苦労なので美しい労働に感じます。

嗚呼、来月は行けるかな〜。

管理人さんからの写真 山の家は美術館を模した作りです。
嗚呼、部下とみんな行きたいな〜。

07

 

広告
この投稿は2014年3月31日12:31 PMに公開され、都会の家 暮らし カテゴリーに分類されています。 パーマリンクをブックマーク この投稿へのコメントを RSS フィードで購読できます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。